· 

札幌や石狩でお墓をお探しの方に お墓の新しい形 デザイン墓石とは

人生に一度のお墓選び。せっかくならとびきり素敵なお墓を建てたい!

そんな想いにお応えする、自分だけのオリジナルのお墓「デザイン墓石」についてご紹介します。

この記事はこんな方におすすめ!

●札幌や石狩エリアでお墓をさがしている方

●従来の「昔ながらのお墓」ではなく自分だけのオリジナルティのあるお墓を建てたい方

●お墓のデザインに悩んでいる方

□オリジナルのお墓「デザイン墓石」

「お墓」と聞くと、形式の決まった昔ながらのお墓をイメージする人が多いのではないでしょうか。

そんなお墓の種類も、現在は自由に選択肢も広くなり、さまざまなデザインのお墓を選ぶことが可能となっています。

お墓を選ぶ際は、ぜひオリジナルデザインのお墓「デザイン墓石」も視野に入れてみませんか。

オーダーメイドでお墓が作れる「デザイン墓石」とは?

いきなり「デザイン墓石」と聞いてもいまひとつピンとこないかもしれませんね。

デザイン墓石とは、今の暮らしや価値観に寄り添ったモダンで洗練されたデザインのお墓のこと。

デザイン墓石なら自由で斬新な造形のお墓や、宝石のように美しいアートガラスをあしらったお墓などスタイリッシュなデザインをオーダーメイドで作成することが可能。

新しさの中にも、お参りのしやすさをしっかりと実現しているので、近年多くの方から支持を集めています。

 

お墓選びの基本は「石の種類」+「デザイン」

デザイン墓石に限らず、お墓のお値段は

石の単価×石の量 によって算出されます。

 

同じデザインでも石の種類が違ったり、デザインによって使用する石の量が違うと、お値段が大きく異なります。そのことを踏まえた上でお墓を選んでいくのがポイントです。

 

デザイン墓石で使用される石にはどのようなものがあるのか見てみましょう。

こちらの一覧をご覧ください。

石の性質によってお墓のツヤ持ちなどが大きく違うので、性質の違いも把握した上で石を選ぶようにしましょう。

 

お墓で使用される石は日本産の石もありますが、北海道内では圧倒的に輸入材が使用されています。

輸入材の中でよく使われているのは、中国産とインド産の石種。

 

中国産の石はバラエティーに富んでいますが、比較的求めやすい価格帯の石が多いところが特徴です。

インド産の石は硬くて吸水性が低く、持ちが良いものが多いですが、価格帯も高めとなっています。

 

また、お墓を建てる際は複数の石を組み合わせてデザインすることも可能です。

□デザイン墓石の相場・お見積例

実際、デザイン墓石を建てるならどのくらいのお値段なのか気になるところですよね。

 

デザイン墓石の価格は先ほど説明した通りデザインや石のお値段で変動します。相場はおよそ120万〜200万円ほどの価格帯が中心ですが、高価な石を使用したり、デザインが凝ったものになると300万をオーバーすることも。

 

実際のデザインを例に、デザイン墓石のお見積もり例を見ていきましょう。

クオーレ×松山石/天翔青

墓石に施された流線型のラインが、清冽な心を表現するクオーレ。

こちらの写真は松山石/天翔青の中国産御影石を使用しています。

 

◆参考見積例◆

112万円(税別)

ブリーズ×G654

大地を吹き抜ける風のようなラインが、威厳ある佇まいを表現したブリーズ。優美さの中に強い芯を感じさせるデザインです。

こちらの写真は中国産御影石G654を使用しています。

 

◆参考見積例◆

175万円(税別)

ジュエル×インドM10/インドアーバングレー

アートガラスをあしらったスタイリッシュなジュエル。モダンな中にも荘厳さが漂うデザインです。

こちらの写真はインド産御影石M10とアーバングレーを使用しています。

 

◆参考見積例◆

165万円(税別)

エクリプス×インドRYO/オーロラ

月の満ち欠けをイメージしたエクリプス。装飾を抑えたシンプルなデザインが、石が本来持つ美しさを引き出します。

こちらの写真はインド産御影石RYOとオーロラを使用しています。

 

◆参考見積例◆

221万円(税別)

□【デザイン墓石】お墓選びの流れ

デザイン墓石でおしゃれなお墓を建てる際にはどのような流れで進めれば良いのか、ご説明します。

1.墓地・霊園の情報を収集&カタログなどでイメージを固める

まずは墓地・霊園・石材店などのホームページやカタログなどで情報を集めて、理想のお墓のイメージを固めてみましょう。

お墓を建てる霊園が決まっている場合は、指定の石材店の資料を請求するのもおすすめです。

 

注:公営墓地は原則自由に石材店を選ぶことが可能ですが、民営墓地と寺院墓地には指定石材店制度があります。

 

お墓を建てる霊園が決まっている場合、どの石材店に依頼するのかは霊園の管理者に確認しておきましょう。

2.石材店との打ち合わせ〜石の選定

ある程度イメージができたら、石材店と打ち合わせを行います。

墓地の区画サイズ、お墓のデザイン、使用する石種、お墓に入れる彫刻、ご予算などの要望を元に具体的なプランに落とし込んでいきましょう。

 

石材店によっては、お墓の出来上がりイメージを墓石CADを使ったカラーCGで確認することも可能です。

あらかじめ完成図をシミュレーションしてもらうと出来上がってからイメージと違った…ということもありません。

 

石材店と打ち合わせの上、プランが決まれば契約を結びます。

3.お墓の製作〜完成

プランが決定したらいよいよお墓の製作・工事に進みます。

お墓の多くは中国の福建省で製作されています。

 

製作した部材が中国から到着して、不備がないことを確認したら実際に現地での施工に進みお墓の完成を迎えます。

お墓の製作から完成までの期間はおよそ2ヶ月前後が目安となります。 

□デザイン墓石プランニング例

最後に、三愛がおすすめするデザイン墓石のプランニング例をご紹介します。

ぜひあなたらしいお墓づくりの参考にしてみてくださいね。

リベラ

石種:クンナム

天に向かって伸びる緩やかな面とラインが光を受けて形を作り、エレガントな表情へと変わります。

フェリス

石種:G654/オーロラ

曲線の外柵が穏やかな印象を与え、

異なる石碑の色とのコントラストが魅力です。

シュトラール

石種:パラディソ/インド山崎

雫を落としたような大小の穴の造形は、厳かな空間を演出します。

ヴァーグ

石種:G650 /青雲紅

太陽の光を浴びて光るさざ波のような美しさが石碑に表現されています。

□まとめ

今回ご紹介したデザイン墓石はほんの一例。

デザインや石を組み合わせることで、さまざまな表情のお墓を作ることが可能です。

洗練されたデザイン墓石をご検討される方はぜひ三愛までお気軽にご相談ください!