· 

札幌や石狩でお墓を建てたい方に お墓に文字を彫刻する方法や価格をご紹介

お墓づくりに欠かせないのが、墓石に文字を彫る「彫刻」。

お墓に文字を彫刻をする時の「どんな文字を彫れるの?」「ルールはある?」「価格相場は?」といった疑問にお答えします!

 

この記事はこんな方におすすめ!

●札幌や石狩エリアでお墓を建てる方

●お墓に彫刻する文字で悩んでいる方

●お墓の彫刻のルールを知りたい方

□【お墓の彫刻】お墓にはどんな文字を彫る?

まずはお墓の彫刻の決まり事やどのような文字が彫れるのか、ご説明します。

お墓の彫刻とは

お墓を建てる上で欠かせないのが、墓石に文字を入れる彫刻。

彫刻する文字の内容や書体によってお墓に特色が出て、その家独自のお墓となります。

お墓の彫刻に厳密な決まり事は特にありません。

家名や宗派のお題目以外にも、好きな文字や言葉、イラストなどを刻むことも可能です。

故人の言葉や、遺族から故人に贈る言葉を彫刻するケースもあります。

お墓にはどんな文字を彫る?【和型の場合】

和型のお墓の彫刻の場合、表面は宗派ごとに決まっている「南無阿弥陀仏」「南無大師遍照金剛」といったお題目や、「先祖代々之墓」といった、一定のパターンに従っている場合がほとんどです。

また、裏面にはお墓を建てた人の名前・建てた年月日を彫ります。
故人の戒名・没年月日・俗名・享年は、墓誌がある場合は墓誌に、墓誌がない場合はお墓の側面を刻むのが一般的です。

お墓にはどんな文字を彫る?【洋型の場合】

洋型のお墓の場合、「〇〇家」と入れる他に、「絆」「愛」「ありがとう」など、家族の思いを込めたメッセージを入れたり、故人の好きだった花のイラストなどを入れるケースが多いです。

最近のお墓の彫刻のトレンド

最近では、家族のあり方が多様になる中で、彫刻にも変化が見られるようになりました。

「両家墓」といって2つの家の家名を入れたり、最初から家名を入れずにメッセージだけを彫るケースも増えています。

□お墓に文字を入れる方法

続いて、お墓に文字を入れる方法や、気になる彫刻の相場について見ていきましょう。

お墓に文字の彫刻を入れるには石材店に依頼を

実際にお墓に彫刻を入れるのは石材店となります。

新規でお墓を建てる場合は、打ち合わせの中でお墓に彫る彫刻の文字を決めていきます。どんな文字を入れればいいかわからない場合は施工事例を見て検討してみるのもおすすめです。

既存のお墓に追加で彫刻をする場合も、同様に石材店が施工を行います。

 

※注)霊園・墓地によっては、指定業者が決まっている場合があります。あらかじめお墓を建てる霊園・墓地に確認をしておくとよいでしょう。

 

お墓に彫刻を入れるタイミング

新規でお墓を建てる場合は、石材店で墓石を購入した後に彫刻を入れる文字を決めていきます。お墓の形によっては希望する文字やイラストが入れられないケースもあるので石材店の担当者に相談しながら進めるようにしましょう。

 

すでに建っているお墓に追加で戒名などを入れる場合、現地で彫刻行う場合と、持ち帰って彫刻するケースがあります。持ち帰る場合は運搬費用が別途かかる場合があるので要注意です。

いずれの場合も、まずは石材店に相談をして見積もりを出してもらうようにしましょう。

お墓の彫刻の価格

 新規でお墓を建てる場合、彫刻一式の価格相場は6万円〜10万円ほど。また、イラストなどの特殊な彫刻を入れる場合はさらに値段が上がる可能性があります。

追加で戒名の彫刻を行う場合は、1体分につき3~5万円前後が相場となります。

立地条件などによってはその他に墓石の移送費が掛かる場合もあったり、お坊さんに読経して「魂抜き」をしていただく場合は、別にお布施をお支払いしますので、石材店に確認してみるとよいでしょう。

 

 

お墓の彫刻のデザイン例

最後に実際に三愛が施工を行なった彫刻のデザイン例を紹介!

これから札幌・石狩エリアでお墓に彫刻を入れたい方はぜひ参考にしてみてくださいね。